vol.6

proof

期間2008年5月27日(火) 〜 6月1日(日)
場所下北沢・小劇場 楽園
デイヴィッド・オーバーン
翻訳 小田島恒志
演出 松本永実子(演劇企画JOKO)
出演 伊原農
枝元萌
多根周作
はざまみゆき

あらすじ

proof=「証(あかし)」。
数学の証明。
人生の証明。
愛の証明。
偉大な数学者でありながら精神的な病に苦しんだ父、ロバート。

数学の才能と病の兆候を受け継ぎ、父の看病をする娘、キャサリン。遠く離れたニューヨークでキャリアを積むキャサリンの姉、クレア。父の死。自責の念に苦しむ妹。教授の弟子の若き数学者との恋が彼女の心の鍵をこじ開け、ある秘密を彼に打ち明ける…。

ハイリンド初の海外戯曲、初の劇団員のみでの公演は、2001年ピューリッツァー賞戯曲部門・トニー賞最優秀演劇作品賞など多くの演劇賞に輝き、映画化もされたブロードウェイの名作。数式の様な美しい戯曲を、四人で証します。

松本永実子(演出)

「証しする」作業を、人はどれだけ歳を重ねても止めることがない。90歳になっても走ることを止めないシルバーランナーがいたりする。結局のところ、人は自分がこの世に「存在する」価値を証しするために日々、走っている。

数学の「証明=証し」は、「数」の世界に存在する、息を呑むような秩序の発見に興奮させられる学問なんだろう。乾いた言い方をしてしまえば、数の秩序という価値を証しする作業だ。「数」たちが「ほら、わたしたちってこんなに素敵なのよ!」とわかってほしくて、懲りもせず学者に呼びかけてくるんじゃないだろうか?

一方、’愛’の「証明」は、いくら「I love you」と言い続けても、プレゼントを贈っても、どこまでも曖昧だ。目に見えないし形では表せないし持続しづらい。

それに、その存在すらおぼつかず、それを証明することは数学の場合ほど確実ではない。おまけに人の間ですれ違うことが少なくない。答えがひとつではない流動形だ。
何て難しい命題だ!

だけど、人はやっぱりどれだけ歳を重ねても「私は君をこんなに愛して想っているのですよ!」とわかってほしいと願う。そして「私を愛して信じてほしい」と期待する。そしてきっと、生涯そのすれ違いの中を、人は右往左往するのだ。

何て切ない命題なんだ!

松本永実子(演劇企画JOKO)
日米の大学・大学院で英米文学・演技・演出・舞台芸術の実技から演劇史・演劇理論に至るまで幅広く演劇を学ぶ。現在はJOKO演劇学校教務主任を務める傍ら、劇団昴を中心とした多くの作品の翻訳・演出を手がける。主な翻訳・演出作品に『クリスマスキャロル』(翻訳・演出)『マーヴィンの部屋』(翻訳・演出)『ジュリエットたち』(演出)『チャリング・クロス街84番地』(演出)『蜜の味』(演出)がある。

タイムテーブル

0 ) : ?>
5/27 (火) 5/28 (水) 5/29 (木) 5/30 (金) 5/31 (土) 6/1 (日)
12:00
14:00
16:30
19:00
0 && !empty($main_detail['PlayPrice']['timetable_notice']) ) : ?>

●:通常公演   ★:前半平日割
※受付開始は開演の1時間前/開場は開演の30分前となります。

-
0 ) : ?>

料金について

全席指定席

一般:前売/当日共 3,500円
賛助会員:2,500円(全ステージ共通)
☆前半平日割引:(28日14時、30日14時)前売/当日共 3,000円

-
0 ) : ?>

チケットについて

電話
090-6319-8273
メール
info@hylind.net
ホームページ
http://www.hylind.net
-

キャスト・スタッフ

デイヴィッド・オーバーン
翻訳 小田島恒志
演出 松本永実子(演劇企画JOKO)
出演 伊原農
枝元萌
多根周作
はざまみゆき

舞台監督 井関景太(るうと工房)
照明 石島奈津子(東京舞台照明)
音響 高橋秀雄(Sound Cube)
舞台美術 向井登子
衣装 阿部美千代
宣伝美術 西山昭彦
スチール 夏生かれん
撮影ヘアメイク 田沢麻利子
Webデザイン 古川健司・藪地夏子
制作 竹内佐江/石川はるか
協賛 イースターエッグ
協力 LOVERS Project/スターダス・21/THE 黒帯
0 ) : ?>
劇場

下北沢・小劇場 楽園

〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-10-18藤和下北沢ハイタウンB棟地下1F

TEL : 03-3466-0903

http://www.honda-geki.com/rakuen.html