ハイリンド vol.13

エキスポ

2012年11月1日(木)~11日(日)

日暮里 d-倉庫

作:中島淳彦  演出:高橋正徳(文学座)

エキスポ

「父ちゃん、人類の進歩と調和げな。」

大阪万博で日本中が沸き立つ1970年、宮崎の片田舎。定食屋と連れ込み旅館の経営を一手に引き受け、一家の大黒柱を担っていた母が急死。

故人を偲んで通夜に訪れる珍客達、それに翻弄される親族。ややこしく、暑苦しく絡み合いながら、それぞれが故人の人生を縁っていく。

懸命に生きながらどこか滑稽で、哀れで、それでいて愛おしい。人情喜劇の天才・中島淳彦作品の代表作。文学座の若手ホープ・高橋正徳を船頭に迎えハイリンドが送るのは――懐かしい故郷の匂い。

キャスト・スタッフ

伊原農

伊原農

多根周作

多根周作

井端珠里

井端珠里


勝平ともこ

勝平ともこ

川本昭彦(見上げたボーイズ)

川本昭彦(見上げたボーイズ)

木下藤次郎(椿組)

木下藤次郎(椿組)

工藤潤矢

工藤潤矢

紺野相龍

紺野相龍

白州本樹

白州本樹

鈴木幸二

鈴木幸二

玉垣光彦(東京ヴォードヴィルショー)

玉垣光彦(東京ヴォードヴィルショー)

成田浬

成田浬

福寿奈央(青☆組)

福寿奈央(青☆組)

三田村周三

三田村周三

中島淳彦 演出 高橋正徳(文学座)
出演 伊原農 / 多根周作
井端珠里 / 勝平ともこ
川本昭彦(見上げたボーイズ) / 木下藤次郎(椿組)
工藤潤矢 / 紺野相龍
白州本樹 / 鈴木幸二
玉垣光彦(東京ヴォードヴィルショー) / 成田浬
福寿奈央(青☆組) / 三田村周三
舞台監督 井関景太(るうと工房) 照明 石島奈津子(東京舞台照明)
音響 平井隆史(末広寿司) 舞台美術 向井登子
方言指導 中原三千代(扉座) 宣伝美術 西山昭彦
スチール 夏生かれん 撮影
ヘアメイク
田沢麻利子
Web
デザイン
藪地健司・夏子 ハイ友 岡野真以
企画・製作 ハイリンド 制作 石川はるか
当日運営 安田みさと(7の椅子) Special
Thank you(産休)
育休
はざまみゆき
Special 一休 枝元萌 協賛 (有)ベテルギウス
協力 スターダス・21/KT plus Entertainment/J.CLIP/文学座/ 見上げたボーイズ/椿組/東京ヴォードヴィルショー/青☆組/ 株式会社ファインステージ/アクセント/バウスプリット株式会社/ みらい館大明/水天宮ピット

高橋正徳(演出)

ある日、PCを開くと多根さんから一通のメールが届いていた。帰国したらハイリンドで演出してみませんか、という内容だった。今までに何度かハイリンドの芝居は観ていたし、観劇後の飲み会で多根さんをはじめ としたメンバーの方とお話をする機会があったし、いつか一緒に仕事が出来たらいいですね、といったまぁよくある飲みの席での社交辞令的な会話をして(もちろん僕は心から願っていたけど)、それにしても面白いバランスの四人組だなぁなんて思っていたら、まさかこんなに早く、それも本当に声をかけてもらえるとは思っていなかった。僕は今イタリアに留学中で、帰国後の第一作目が、まさかイタリアと縁もゆかりもない(多分)、めちゃくちゃドメスティックな中島さんの作品になるとは思わなかったけど、とにかく旨い刺身を食べたいし、納豆も、カツカレーも食べたい。それと同じくらい日本語の芝居に飢えていて、今はただただハイリンドのメンバーとどっぷり中島節、宮崎弁につかるのが楽しみで仕方ない。

【高橋正徳プロフィール】1978年生まれ。00年文学座附属演劇研究所入所。05年文学座座員となり、現在に至る。2004年『TERRA NOVA テラ ノヴァ』で文学座初演出。以来、川村毅、鐘下辰男、佃典彦など多くの現代作家の新作を演出。11年文化庁新進芸術家海外研修制度により1年間イタリア・ローマに留学。

タイムテーブル

時間/日にち 1日
(木)
2日
(金)
3日
(土)
4日
(日)
5日
(月)
6日
(火)
7日
(水)
8日
(木)
9日
(金)
10日
(土)
11日
(日)
13:00                  
14:00              
18:00                  
19:00                    
19:30        

●:通常公演   ◎:舞台装置の説明   ★:前半平日割

※受付開始は開演の1時間前/開場は開演の30分前となります。
※開演時間を過ぎますと指定のお席へのご案内が出来なくなる場合がございます。予めご了承下さいませ。
◎11月4日(日)14時の公演に限り、目のご不自由なお客様を対象に、13時から舞台装置の説明を行います。一般の方も観劇料金のみでご入場できます。詳しくはハイリンドへお問い合わせください。尚、この回のみ受付開始・開場は12時30分になります。

料金 [全席指定席]

● 一般:前売/当日3,500円 賛助会員2,500円(全ステージ共通)

★ 前半平日割:前売/当日3,000円(1日・2日・5日の19:30の回)

学生割引:前売/当日2,500円(高校生以下、当日精算のみ)

チケット販売

  電話 メール 予約フォーム 携帯予約フォーム
ハイリンド 090-6319-8273 info@hylind.net - -
こりっち
チケット
- - 予約する 携帯から
予約する
Confett
(iカンフェティ)
0120-240-540 - 予約する 携帯から
予約する

◯ Confett(i カンフェティ)カンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日10:00~18:00)http://confetti-web.com/ ※カンフェティご利用の場合、ご予約前に観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録 ( 無料 ) が必要となります。 ご予約頂きますと、セブンイレブンでのお支払い・発券となります(所定の手数料が掛かります)

日暮里 d-倉庫

東京都荒川区東日暮里6-19-7#2F Tel&FAX 03(5811)5399
最寄り駅は「日暮里」です。南口下車、徒歩7分です。

http://www.geocities.jp/azabubu/index_d.html


お問い合わせ

メールアドレス:info@hylind.net

まれにメールが事務局に届かない場合があります。3日以内に返信なければ、大変お手数ですが再問合せをお願いします

サイトマップ

  • ホーム
  • ハイリンドについて
  • 賛助会について
  • プロフィール
    • 多根周作
    • 枝元萌
    • はざまみゆき
    • 伊原農
  • ブログなど
    • 多根周作
    • 枝元萌
    • はざまみゆき
    • ハイリンド
    • 枝元萌のいとお菓子
    • 伊原院農道一言居士
  • これまでのハイリンド公演
  • vol.12 2012年 ロゼット〜春を待つ草〜
  • vol.11 2011年 牡丹燈籠
  • vol.10 2010年 グロリア
  • vol.9 2010年 泣き虫なまいき石川啄木
  • vol.8 2009年 森モリ公演
  • vol.7 2009年 血のつながり Blod Relations
  • vol.6 2008年 proof
  • vol.5 2008年 もやしの唄
  • vol.4 2007年 幽霊はここにいる
  • vol.3 2007年 法王庁の避妊法
  • vol.2  2006年 牡丹燈籠
  • vol.1 2005年 ―初恋